正しい猫のエサ選び

歯石が溜まりやすい?
年齢で変える?
毛玉ケアのキャットフード?
保管方法
安いキャットフードは?
ドッグフードを与えたら?
人の食べ物を与えたら?
アレルギー猫用
危険なキャットフード?
安全なキャットフードは?

歯石の溜まりやすいキャットフードってあるの?

猫の健康状態に関心のある方は多いでしょう。
自分の飼っている猫がどうか健康的な生活をずっと送ってほしいと願うのは、猫を飼っている方全ての願いでしょう。
猫が苦しい目にあっているのを見ると、胸が締め付けられそうなほどつらい気持ちになられる方も多いと思います。

猫の健康に関しては様々な観点から注意をする必要があります。
その中でも歯というのは案外見落としがちであると思います。
猫は動物なのだから歯の手入れ何てしなくても良いと考えている方が多いかもしれません。
野生の猫であれば気にする必要がないのですが、飼い猫の場合は異なります。

猫に与えることになるキャットフードというのは柔らかいものが多いです。
人間が猫に与える食事は基本的にどれもやわらかいので、どうしても歯石が歯に溜まりやすくなっています。
歯石が溜まってしまうと、それが原因になって当然細菌が繁殖しやすくなります。
やがては、歯が抜け落ちてしまう可能性もあったり、最悪の場合は命を落としてしまうほどの危険もあるので、猫の歯には十分注意をする必要があるのです。

猫の歯をよく観察するようにしましょう。
もし、歯が黄色くなっていたら要注意です。
歯周病が開始している可能性があります。
歯周病が進行してしまうと、最終的には抜歯しなくてはいけなくなります。
歯石が溜まりだしたら病院に行ってみてもらうようにしましょう。
できれば、年に1回は歯石を取ってもらうとよいでしょう。

また、猫には柔らかいものだけではなく、硬い食べ物を与えるようにしましょう。
硬い食べ物を食べるということは、歯を磨くことにもなります。
また、猫の歯石はガーゼなどで簡単にとってやることが可能なので、たまには歯の手入れをご自身でやられるとよいでしょう。

そして、定期的に猫の食べ方や歯、歯茎のチェックをするとよいでしょう。
歯石が溜まっていたり、歯に痛みが生じているなどを確かめることによって、猫の歯が健康的な状態にあるのかが分かります。